“安全”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あんぜん95.5%
やすらか2.3%
やすき2.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そして、もう一もここにいるのが危険になりましたときに、二人相談をして、どこか安全なところへれることにいたしました。
幸福に暮らした二人 (新字新仮名) / 小川未明(著)
こはわがいと安全なるべしとおもへる處なりしを、エスティの者、正義の求むる範圍を超えて我を怨みこの事あるにいたれるなり 七六—七八
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
我曰ふ、あゝ七度あまり我を安全にかへらしめ、たちむかへる大難より我を救ひいだせし愛する導者よ 九七—
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)