幸福に暮らした二人こうふくにくらしたふたり
南洋のあまり世界の人たちには知られていない島に住んでいる二人の土人が、難船から救われて、ある港に着いたときでありました。 砂の上に、二人の土人がうずくまってあたりの景色に見とれていました。その港はかなり開けたにぎやかな港でありましたから、華 …
作品に特徴的な語句
ひいた 後退あとしさ 南方なんぼう うえ すく たたか めん 階建がいだ こく しん つう かぞ 故郷こきょう 計略けいりゃく うしな つよ 武力ぶりょく 幾人いくにん なか よこ あたま かれ 往来おうらい あお 流通りゅうつう りく からだ ひら ひだり さき ひか 光景こうけい はい あか いえ けむり のが ほう まも むすめ 貨幣かへい えが うば はな 記念きねん ぬす おぼ よる 狡猾こうかつ そら 種族しゅぞく わたし しめ 砂原すなはら すな むつ 相談そうだん 相手あいて しろ なみだ 昨日きのう ころ 毎夜まいよ 気持きも おき 油断ゆだん なみ うみ 海岸かいがん めずら ひと おう こう おとこ