金解禁前後の経済事情きんかいきんぜんごのけいざいじじょう
我國に於て大正六年九月十二日に金の輸出禁止を實行して以來十三年の間金の輸出禁止が日本の經濟界に與へた惡影響は可なり大なるものであつて、此の間金解禁の計畫をしたのは一再に止まらなかつたが、種々の事情の爲 …
作品に特徴的な語句
無駄むだ 波瀾はらん ひろ のこ 不足ふそく 場合ばあひ 決心けつしん セント 相俟あひま 同時どうじ 堅固けんご 此度こんど きん 用意ようい つと りん 毎月まいつき 見込みこみ 其人そのひと 弛緩ちかん 此上このうへ くに 毎年まいねん 何等なんら 其上そのうへ 感謝かんしや 日清につしん やう 依然いぜん 漸次ぜんじ 以來いらい 内外ないぐわい 問題もんだい 原因げんいん 引上ひきあ だい 喚起くわんき わけ 品物しなもの 段々だんだん 此際このさい 餘計よけい したが 非常ひじやう 同樣どうやう つゞ ふせ 今後こんご ドル 説明せつめい 大凡おほよそ うつた 保護ほご 當然たうぜん 自己じこ 以上いじやう 徹底てつてい 此儘このまゝ かう 承知しようち 相場さうば かり 左樣さやう 極力きよくりよく 適當てきたう 初旬しよじゆん 成績せいせき 國民こくみん ぱん 膨脹ぼうちやう 結果けつくわ 利益りえき いや 緊張きんちやう そう てつ 以外いぐわい 外部ぐわいぶ 金貨きんくわ 個人こじん はか 影響えいきやう 事情じじやう 過去くわこ 政府せいふ はら 程度ていど 借金しやくきん 切盛きりもり 差引さしひき 必要ひつえう 位置ゐち せん 充分じうぶん 割合わりあい