“變”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
かは38.4%
へん33.3%
15.7%
かわ3.1%
かはり2.5%
かへ2.5%
ぺん1.9%
ちが1.3%
0.6%
をかし0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すると其時夕刊紙面ちてゐた外光が、突然電燈つて、何欄かの活字意外んでた。
蜜柑 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
宗助はもう一所いて、屏風きたかつたが、わざ/\をするのもだと心付いて、なりれた。れる
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
自分同年齡自分つてる子供らずからめました、しも自分其中かとへられたのではないかとつて。
愛ちやんの夢物語 (旧字旧仮名) / ルイス・キャロル(著)
車外猛獸は、る/\氣色つてた。つたる水兵は、サツと出口くと、途端稻妻は、猛然らして、彼方跳上る。
それがまた新に青くなつて、一樣になつて、歸り來る時、葉の裁方にまでが無い、白楊の葉はの臟、橡の樹のは篠懸の樹のは三叉の形だ。
落葉 (旧字旧仮名) / レミ・ドゥ・グルモン(著)
種々に手をゆゑ喜八と申者は御心に從ひては女の道申さずと一れに云拔けるを或時粂之進持來る其手をらへ是程までに其方を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
戰爭むと翌年から輸入超過經濟界状勢は一したるにらず戰後數年今日ても改善曙光むることをざる状態にある。
金解禁前後の経済事情 (旧字旧仮名) / 井上準之助(著)
風采餘程つてるが相變らず洒々落々『ヤァ、柳川君か、これはらしい、らしい。』とにもかぬ待遇からしかつたよ。
ここに速須佐の男の命、その御佩十拳の劒を拔きて、その蛇を切りりたまひしかば、の河血にりて流れき。かれその中の尾を切りたまふ時に、御刀の刃けき。
そんぢやお内儀さん他人なくしたのなんぞ發見けてもらねえ容子なんぞして、んなつたてえで
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)