“かへ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:カヘ
語句割合
21.6%
16.2%
11.5%
10.9%
10.3%
5.6%
5.4%
3.6%
1.4%
1.4%
1.0%
1.0%
0.8%
0.8%
0.8%
0.5%
帰宅0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.4%
0.4%
返却0.4%
0.3%
0.3%
0.3%
0.1%
歸京0.1%
帰京0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
回生0.1%
奪回0.1%
孵化0.1%
帰朝0.1%
帰館0.1%
恢復0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
甦生0.1%
0.1%
0.1%
返金0.1%
0.1%
𢌞0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だが、あんまり細工が過ぎてつて傳七郎の疑ひが薄くなつたのさ。小器用な惡黨は、大概しなくても宜いことをして尻尾をまれる
とその家庭苦痛白状し、にこの主人公殺人罪人なるカ……イ……をひて僑居るに一節めて面白し。
罪と罰(内田不知庵訳) (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
言はれて内室つて見ると成程石は何時にか紫檀つて居たので益々畏敬め、しく老叟をぎ見ると、老叟
石清虚 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
市街中程きな市場がある、兒童其處へ出かけて、山のやうに貨物であるにふんぞりつて人々立騒ぐのをて居る。
怠惰屋の弟子入り (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
「いや、つていろ/\の事が判つたやうな氣がするよ。三千兩の始末を、もう少し詳しく聞きたいが——一體どんな經緯なんだ」
雨がなので、るときには約束通りを雇つた。いので、セルのへ男の羽織をせやうとしたら、三千代は笑つてなかつた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
視力りてさきに堪ふるに及び(わがこれを小さしといへるはしひてわが目を離すにいたれる大いなる輝に比ぶればなり)
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
女は身をすと、掛けを三十もブラ下げたやうなしく、艶めかしい香氣を發散させて、八五郎の膝へ存分に身を技げかけるのでした。
もう雛がりさうになつたのと殆ど一しよにその藪に一めんに眞白な、好いにほひのする小さな花が咲き出したのに、まあどんなにそいつは面喰つたことだらうと
巣立ち (旧字旧仮名) / 堀辰雄(著)
横浜! 横浜! とは急に、或はく叫ぶ声の窓の外面飛過るとともに、響は雑然として起り、づる、群集玩具箱したる如く
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
と近所に住むお婆さんに笑はれたほどに、敷藁の取りや、床板のお掃除に、一生懸命になりました。
小熊秀雄全集-14:童話集 (新字旧仮名) / 小熊秀雄(著)
「は?」彼は覚えず身をして、と立てたる鉄鞭にり、こは白日の夢か、空華の形か、正体見んと為れど、酔眼のく張るのみにて、れざるはなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
サア、水兵た/\、大佐閣下のおりだよ、それに、らしい賓人と、可愛らしい少年とが御坐つた、御挨拶せ/\。
背広いセルのひと衣にぬぎて、青木さんがさんと一につましやかなさんをましたのはもう八くであつた。
(旧字旧仮名) / 南部修太郎(著)
立停ると、しくポケットを探りながら、クルリして、ツカ/\と林檎を賣る少女の前に突ツ立ツた。そして
解剖室 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
其後石は安然に雲飛の内室祕藏されて其清秀ず、靈妙はずして幾年た。
石清虚 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
最早奥様がお帰宅りになりませう。』とは驚いてめるやうに言つた。
節操 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
余は通り過ぎて振りり、暫し停立んで居ると、突然間近なる一軒の障子がいて一人の男がつと現はれた。
空知川の岸辺 (新字旧仮名) / 国木田独歩(著)
ロミオ アーメン、アーメン! 如何悲哀ようとも、しさの刹那にはられない。
広い青葉のるのに
晶子詩篇全集 (新字旧仮名) / 与謝野晶子(著)
われは涙をいでフルヰアの名を呼び、盤散として閭門の外なる街道に歩みりぬ。
草鞋をぬいで宿屋の二階で二人が向ひ合つた時は、生きつたやうな思ひがした。
伊良湖の旅 (新字旧仮名) / 吉江喬松(著)
私も高野の宝物保存に就いては異議は無いのだから、朝吹君や益田君が自分達が以前狩り集めた物を返却すといふ条件付なら、何時でも寄附に応ずる。
父祖十代の御恩を集めて此君一人にし參らせばやと、風の、雪の蛭卷のつかのも忘るゝもなかりしが、思ひもかけぬ世の波風に、身は嵯峨の奧に吹き寄せられて
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
一寸立留つて振つて見ると、少し隔つて若い女性がんでゐる。見覺えのある顏だな、と思つたが、其人は立つたまゝ動かない、おりて來ようともしない。何人だらう。私は二三歩後戻りした。
(旧字旧仮名) / 吉江喬松吉江孤雁(著)
森林が人間を威嚇した、その復讎の旋律が、いまつて来るとともに、私の生活を、原始の自然に紐帯も、ズタズタに引きちぎられたのだ、人情の結氷点が近づいたのだ
亡びゆく森 (新字旧仮名) / 小島烏水(著)
流して打歡び是迄種々と厚く御世話にりし上只今の其御言葉此御てもし實は御の通り路銀し此程はしを
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
何故に殺すべき長々の御病氣なれば我がてでも御全快あるやうにと神に祈り佛を念じ永の年月及ぶだけ看病に心を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
と帶の間から金時計を出して「オヤもう三時だな。己か、己は今朝著いたのだが、もう此汽車で歸京らにやならぬ。どうだ當分己の部下で辛抱しては。 ...
俳諧師 (旧字旧仮名) / 高浜虚子(著)
五十嵐は「佐野の奴、人を馬鹿にしてゐやあがる」と腹が立たぬでもないが、少し煙に卷かれて段梯子の降り口まで見送つて行つて長い體を突立つたまゝ「頼むとすれば二三日内に歸京らう」
俳諧師 (旧字旧仮名) / 高浜虚子(著)
吾妻は微笑みつ「なに、郷里へ一寸帰つただけのです、今晩あたり多分帰京つた筈です、で、罪名は何とする御心算ですネ」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
無残にも芸妓にして仕舞つたので——其頃兼吉は呉港に働いて居たのですが、帰京つて見ると其の始末です、数々兼吉の相談にかつたのです、一旦婦人の節操を汚がしたるものをるのは
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
道は白々と広く、夜目には、芝草のつて居るのすら見える。当麻路である。一降りして又、大りにかゝらうとする所が、中だるみにやゝくなつてゐた。稍繁つたの木の森がある。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
ほんの苗木ぢやつたが、此ほどの森になつたものな。畏かつたぞよ。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
重詰中味のまゝつてはない、とつたが、成程家内だつて、はどうでも、つたが、「めしあがれ。」とその火事場
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
評定役、著座、大番頭出入司、小姓頭、目附役の順序を以て、幕府の目附に謁し、杯を受けるのであるに、著座と称する家柄の采女がつて目附役の次に出された。
椙原品 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
「お竹倉」は勿論その頃にはしい陸軍被服廠や両国駅に変つてゐた。けれども震災後の今日を思へば、——「つて并州を望めば故郷」
本所両国 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
六 ねがはくは一日も早く世界を見、世界のを読み、世界の刺戟と啓発によりてわがをあらため、生けるしるしある国の座に回生保証をあたへたまはんことを
だいこん (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
彼は又優良なの卵を孵化して、小作人たちの飼つてゐる古い、よぼ/\の、性質のよくないとたゞで取替へてやることを申出た。
新らしき祖先 (新字旧仮名) / 相馬泰三(著)
初め篠田如き者を迂濶に入会を許したのが君の失策である、如何だ、の新聞のは、政府だの資産あるものだのと見ると、事の善悪にらず罵詈讒謗の毒筆をぶのだ、彼奴帰朝つて
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
黙つてお花はを振り「明日の正午までには是非帰館らねばなりませんの」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
ねがはくは日本よ、なんぢ朝の薄きスフの外套に包まれ、生ける国に恢復るその日まで
だいこん (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
ヱマルソン言へる事あり、尤も冷淡なる哲学者と、恋愛の猛勢に駆られて逍遙徘徊せし少壮なりし時の霊魂が負ふたるす事能はずと。
厭世詩家と女性 (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
木山が預けて行つた金を若竹へしに行かうと思つて、静枝が病気見舞ひにわざ/\持つて来てくれた、ふじやの菓子を抱へて、暫くぶりで外へ出て見た。
のらもの (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)
いまはた、呼吸甦生
全都覚醒賦 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
黒い土をばしてる。
(新字旧仮名) / 新美南吉(著)
まことに畏しかつたことを覚えない郎女にしては、初めてまざ/″\と圧へられるやうなさを知つた。あゝあの歌が、胸につて来る。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
「どうせ、貴様から返金して貰へるなんて思つちや居ねえツて言つたよ——其れよりかお竹の阿魔に、泣かずにてろツて伝言頼むぞ、忘れると承知しねえぞ」と後車の御者は答へつゝ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
石崇く、むることなかれと侍僮じて、おなじほどの珊瑚六七株してしき。
唐模様 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
この時にその后みましき。ここに天皇、その后の、懷姙みませるに忍へず、また愛重みたまへることも、三年になりにければ、その軍を𢌞してけくも攻めたまはざりき。