“奪回”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
だっかい62.5%
とりかえ25.0%
かへ12.5%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“奪回”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 詩1.9%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
太平洋艦隊司令長官「いがみ合いは、もうよそうではないか。そしてここでけつを取ろう。同時作戦では攻撃目標は一つだ。日本本土攻略か、それとも比島奪回だっかいか」
諜報中継局 (新字新仮名) / 海野十三(著)
そして深山の室に闖入ちんにゅうして、あのフィルムを奪回だっかいしたのです。彼奴かやつを探しましたが、どうしたものかベッドはあっても姿はありません。早くも風を喰らって逃げてしまった後だったのです。
赤外線男 (新字新仮名) / 海野十三(著)
(そうだ一旦いったんは敵に渡す。が、やがて奪回とりかえして見せる)
赤坂城の謀略 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「いかに京都を奪回とりかえすか」
茶漬三略 (新字新仮名) / 吉川英治(著)