“一旦”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
いったん86.8%
いつたん11.9%
えったん0.7%
ひとたび0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そういうわけで、遠距離へとぶときには、一旦成層圏へとびあがって、そこを飛行するのが時間的にも燃料消費の上にも経済である。
成層圏飛行と私のメモ (新字新仮名) / 海野十三(著)
六年には一旦京都へ上つて歸つた如水と相談して、長政が當時那珂郡警固村の内になつてゐた福崎に城を築いた。これが今の筑紫郡福岡である。
栗山大膳 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)
此方は小川様が情深い役人で、調べもくなって出る事は出たが、一旦人殺しと賭博騒ぎが出来たから、誰あって一緒に飯い喰う者もないから、これはも仕様がねえ、と色々考え
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
されども彼は永くその痛苦を去らしむる能はざるべし、一旦くその心をけられたるかの痛苦は、永くその心の存在とに存在すべければなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)