“ひとたび”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
一度97.2%
一囘0.9%
一回0.9%
一旦0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一度、土中に埋めた屍体を三年目(これは原則であって例外のある事は言うまでもない、それについては後に述べる)に掘り出し
本朝変態葬礼史 (新字新仮名) / 中山太郎(著)
一囘之を見聞せんと欲するや極めて切なり。
松の操美人の生埋:01 序 (新字新仮名) / 宇田川文海(著)
その癖下坐舗でのお勢の笑声は意地悪くも善く聞えて、一回聞けばち耳の主人と成ッて、らくは立去らぬ。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
されども彼は永くその痛苦を去らしむる能はざるべし、一旦くその心をけられたるかの痛苦は、永くその心の存在とに存在すべければなり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)