“いつたん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
一旦78.3%
一端21.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天井のやうにつた停車場に、しばらくへてましたが、不躾だとして、矢張一旦宿にしましたのです。
雪霊続記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
「国家の公益? ハヽヽヽ其れは大洞、君等の言ふべき口上ぢや無からう、一旦取りめたものを、サウ容易く変更することもならんからナ」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
宗助派出好が、其後んな徑路つて、發展したかを、氣味運命意思一端として、主人いてた。主人卒然
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
それで三相談するをして、一端松林まで退き、姿彼等視線かられるやや、それツとばかり間道逃出して、から、駒岡韋駄天走り。