“隱”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
かく70.7%
9.1%
こも8.1%
かくし3.0%
がく2.0%
ごも2.0%
かぐ1.0%
いでい1.0%
いん1.0%
かくれ1.0%
ゴモ1.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「そんぢや、わし蜀黍して見出あんすから、屹度んにつてんだから」といふにして小徑をうねりつゝつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
さまとならではおにもかじ、觀音さまのおりもいやよ、芝居花見さまならではと一トもとのかげにくれて
経つくゑ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
りますに因りて、天の原おのづからく、葦原の中つ國も皆闇けむと思ふを、とかも天の宇受賣し、また八百萬の神ふ」
そこへ鷄二が歩いて來た。動物のすきな鷄二は洋服のにでも入れて持ち歸りたい樣子であつたが、やがて思ひついたやうに、小石の間へその燕の雛を放した。
山陰土産 (旧字旧仮名) / 島崎藤村(著)
れ、鷺脚にこそ辿りしか。
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
れる 倭し し。 (歌謠番號三一)
また釣船海人の子を、巖穴ろふ蟹を
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
草にる月を追うて
花守 (旧字旧仮名) / 横瀬夜雨(著)
天地の律呂か、自然の呼吸か、としていためるところあるが如し。想へばわづらひはわが上のみにはあらざりけるよ。あやしきかな、わが胸は鐘のひゞきと共にあへぐが如く波うちぬ。
清見寺の鐘声 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
つけ晝夜となく駈廻く程に夫婦は又なき者としみける扨も此餠屋と云は國主細川家の御買物方の御用達にて御城下にもなき加納屋利兵衞とて巨萬の身代なる大家に數年來實體に奉公を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)