“がく”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ガク
語句割合
37.9%
17.5%
9.6%
7.9%
7.1%
4.2%
3.3%
2.5%
2.5%
1.7%
0.8%
扁額0.8%
0.8%
0.8%
0.4%
0.4%
崿0.4%
0.4%
0.4%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
薄暗い部屋へ入って、さっそくにして、壁へ立てけて、じっとその前へり込んでいると、洋灯を持って細君がやって来た。
永日小品 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
子、魯の大師にげて曰く、楽は其れ知るべきなり。始めてすとき翕如たり。之をてば純如たり。皦如たり。繹如たり。以て成ると。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
これが集つてといふものを造つてゐるのだ。残りの赤い部分は花冠と云ふものだ。此の名は初耳だらうがよく覚えておくがいゝ。
「武男、武男」と耳近にたれやら呼びし心地して、と目を開きし千々岩、窓よりのぞけば、列車はまさに上尾停車場にあり。駅夫が、「上尾上尾」と呼びて過ぎたるなり。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
和唐内はやはり清和源氏さ。なんでも義経が蝦夷から満洲へ渡った時に、蝦夷の男で大変のできる人がくっ付いて行ったてえ話しだね。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
茫然として行衞も知らぬ通路を我ながら踏み迷へる思して、果は終り收まりしにも心付かず、軈て席を退り出でて何處ともなく出で行きしが
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
「そんな心算ぢやありません。ね、親分、女角力はちよいと話のキツカケをつけただけで、今日は親分のの方を借りに來たんですがね」
もしれの谷紅葉が折々に見えなかったら、暗夜を行くのと変りはない。ひとり、その不気味さも知らぬ気なのは、明暗常に一ツにすぎぬ覚一だけだった。
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
私はまた暫く其処で立ち尽した。その墓場には野薔薇が繁つてゐた。折から一段と脊の高い瘠せた茎の頂から、一つの白い花がのまゝ音もせずに落ちた。小さな平和の死よ。
愛は、力は土より (新字旧仮名) / 中沢臨川(著)
それ歐洲は、よりも。 はたよりもき。
時に元文五年で、師が三十二歳、弟子が十三歳であつた。弥六は後京都にあつて南宮氏と称し、名は、字は喬卿、号は大湫となつた。延享中に淡淵は年四十にとして芋生から名古屋に遷つた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
お三輪は椅子を離れて、木彫扁額の掛けてある下へも行って見た。新七に言わせると、その額も広瀬さんがこの池の茶屋のために自分で書き自分で彫ったものであった。
食堂 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
祝の児の名は離塵というのであったが、その鶚は寇家に請うて、三娘の遺骸をもらい受け、それと祝の遺骸を同時にして埋めたのであった。
水莽草 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
ある日往くともなしに足にせて断橋へ往ったところで、左側に竹林があってその内から高い門が見えていた。近くへ往って見るとその門には喬木世家というをかけてあった。
断橋奇聞 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
ニ寒シ。白沢駅ニ抵ル。大蛇川ヲ渡ル。湍流奔駛スルコト長蛇ノヲ走ルガ如シ。直ニ渡ルベカラズ。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
言語はより多端なり。と云ひ、と云ひ、と云ひ、と云ふ。義の同うして字の異なるを用ふれば、即ち意を隠微のするを得べし。大食ひを大松と云ひ差出者左兵衛次と云ふ。
一 こりばすらに小金のたる木に、水のせるぐしになみたち
遠野物語 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
そのうちに或る家の小児もまた同じ驚風にかかって苦しみ始めたが、その父の知人に某というのがあった。