“たのしみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
50.6%
12.6%
快楽10.3%
娯楽4.6%
歡樂4.6%
歓楽3.4%
愉快2.3%
愉楽2.3%
快樂1.1%
可楽1.1%
喜悦1.1%
娯樂1.1%
悦樂1.1%
1.1%
愉樂1.1%
慰藉1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
をおさいといひ、俳名を翠仙といふ、夫婦ともに俳諧を文雅り。此柏筵が日記のやうに書残したるといふ随筆あり。
われは獨語して、いでや人生の渦裏に投じて、人生のを受用し、誓ひて餘瀝なからしめんと云ふとき、舟はもとの旅館の階下に留まりぬ。
主人が浮かねば女房も、何の罪なきやんちゃざかりの猪之まで自然と浮き立たず、しき貧家のいとど淋しく、希望もなければ快楽も一点あらで日を暮らし
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
ただ野田山の墳墓をいて、母上と呼びながら土にりて泣き伏すをば、此上無娯楽として、お通は日課の如く参詣せり。
妖僧記 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
嗚呼我人とも終には如是、男女美醜のも無く同じ色にと霜枯れんに、何の翡翠の髪の、花の笑ひのか有らん。まして夢を彩る五欲の歓楽、幻を織る四季の遊娯、いづれか虚妄ならざらん。
二日物語 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
嗚呼弟とは辛いものぢやと、路も見分かで屈托のに曇りつゝ、とぼ/\として何一ツ愉快もなき我家の方に、糸で曳かるゝ木偶のやうに我を忘れて行く途中、此馬鹿野郎発狂漢
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
静子の生涯に忘るべからざる盆の十四日の日は、朗々と明けた。風なく、雲なく、かな静かな日で、一年中の愉楽を盆の三日に尽す村人の喜悦は此上もなかつた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
捕へん追行と云給へど千住にて今朝より暮方迄女を相手に快樂日の暮てより夜道をさるゝ事今の話に符合せずの事を云ひ給へとるに左仲は御邊は何人なれば先程より我等
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
ば爲ん物と朝暮思ひ消光けるが長三郎は若きに似氣なくたるもあらで物見遊山は更にもはず戸外へ出る事をひたゞ奧まりたる一室り書籍を讀事を此上もなき快樂と爲しつゝ月日を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
かうしてゐれば、可楽な事もあるい事や、悲い事や、い事なんぞが有つて、二つ好い事は無し、考れば考るほど私は世の中が心細いわ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
聖天子万機の朝政をすによしとて、都とさだめたもうて三十年、国威は日に日に伸びる悦賀をもうし、万民鼓腹して、聖代を寿喜悦を、にも、しろしめせとばかり
一世お鯉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
これらのものをみること汝のへとならずして却つて自然が汝に感ずるをえさするかぎりの悦樂となる時速かにいたらむ。 三一—三三
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
それは、空を飛下りる時の、妖しい幻影にのみ、をつないでいる、淋しい男の姿だった。
夢鬼 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
風なく、雲なく、麗かな靜かな日で、一年中の愉樂を盆の三日に盡す村人の喜悦は此上もなかつた。
鳥影 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
成るべく家内には遠ざかるやうにして、を抜け出して来ては、独りで飲むのが何よりの慰藉だ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)