“よろこび”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
喜悦22.4%
19.5%
歓喜18.4%
11.5%
歡喜5.2%
歡樂3.4%
歓楽3.4%
3.4%
2.9%
1.1%
吉慶1.1%
慶事1.1%
1.1%
喜楽0.6%
悦喜0.6%
驩喜0.6%
悦賀0.6%
愉悦0.6%
慶賀0.6%
欣喜0.6%
0.6%
驚喜0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それ純なるき魂は、たゞ己を樂しますものに好みてむかふ(喜悦の源なる造主よりいづるがゆゑに)何事をも知らず 八五—
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
秘玉突然開櫝出瑩光明徹点瑕無金龍山畔波濤起龍口初探是此珠。」これは抽斎の亡妻の兄岡西玄亭が、当時を記した詩である。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
摩耶夫人もマリヤもこうして釈迦や基督を生みうたのである、という気持になって、上もない歓喜の中に心も体も溶けて行く。
産屋物語 (新字新仮名) / 与謝野晶子(著)
こゝろたくさへおもほゆ。彼また吾をしたれば、おのれがにえとゞかねばとて、卑しみ果つることつゆなかりき。
一僧 (旧字旧仮名) / イワン・ツルゲーネフ(著)
少年歡喜が詩であるならば、少年の悲哀た詩である。自然の心に宿る歡喜にしてし歌ふべくんば、自然の心にさゝやく悲哀もた歌ふべきであらう。
少年の悲哀 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
即ちつぽい大きな歡樂けてさへゐれば
牧羊神 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
それに依って得た歓楽は、必ずしも大きくはありませんでしたが、その後に来た悲哀は、凄惨と言っても足りないくらい、実に想像を絶して、大きくやって来ました。
人間失格 (新字新仮名) / 太宰治(著)
親戚朋友の注意すべきことなり。一度び互に婚姻すればただ双方両家のみならず、親戚の親戚に達して同時に幾家のを共にすべし。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
一は蘭軒の主家に於て儲君阿部寛三郎正寧の叙位任官のがあつたことである。事は次年歳首の詩の註に見えてゐる。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
寺のに依るに、凡そ尼となるものは、授戒に先だてる數月間親々の許に還り居て、浮世のを味ひ盡し、さて生涯の暇乞して俗縁を斷つことなり。
一枚の図をひく時には一心の誠を其に注ぎ、五尺の身体こそ犬鳴き鶏歌ひ權兵衞が家に吉慶あれば木工右衞門が所に悲哀ある俗世に在りもすれ、精神は紛たる因縁にられで必死とばかり勤め励めば
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
慶事には……そのよろこびを諸人に分かつ意味で。
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
彼はなかなか夫婦に増したるきて、学問を励みたり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
彼も亦「其前に置かれたる喜楽に因りてその恥を厭わない」のである、神は彼等のために善き京城を備え給うたのである
信仰の先導者なるイエスは其の前に置かれたる喜楽に因りてその恥をも厭わず十字架の苦難を忍び給うた(同十二章二節)、信者は希望なくして苦しむのではない
致さんと心能承知なしければ長兵衞は大いに悦喜夫では私しも大いに安堵したり夫なら斯仕樣御前が行てるとは女一人なれば世帶るからとてもの事に世帶を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
取敢ず五兵衞に話しけるに忽ち縁談のひたれば久八の悦喜一方成ず然共物入を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
朝からだ。鶏の声が殊に長閑に聞こえる。昨日終日終夜の雨で、畑も土も真黒に潤うた。麦の緑が目立ってうなった。緑の麦は、見る眼の驩喜である。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
えかえる初春の空に白光りする羽たゝきして雲雀が鳴いて居る。春の驩喜は聞く人の心にいて来る。雲雀は麦の伶人である。雲雀の歌から武蔵野の春は立つのだ。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
聖天子万機の朝政をすによしとて、都とさだめたもうて三十年、国威は日に日に伸びる悦賀をもうし、万民鼓腹して、聖代を寿喜悦を、にも、しろしめせとばかり
一世お鯉 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
私は、その時、その場で靜かに浮かんで來たさま/″\な愉悦を味ひ、分析しようとゆつくり歩いた。三時だつた。鐘樓の下を通ると、教會堂の鐘が時刻を報じた。
久し振で君に逢つて慶賀も言ひたいとつたけれど、どうも逢れん僕のだから、て陰ながらでも君の出世の姿が見たいと、新橋の停車場へ行つて、君の立派に成つたのを見た時は
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
... 今大王を打取たまはば、これわがための復讐、僕が欣喜これにかず候」トいふに金眸りて、「こはしからず。その意恨とは怎麼なる仔細ぞ、苦しからずば語れかし」
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)
大祭日には、母につきてをぢがりにゆきぬ。その折には苞苴もてゆくことなるが、そはをぢがめるおほ房の葡萄二つ三つか、さらずば砂糖につけたる林檎なんどなりき。
『新坊さん!』と、智恵子は驚喜の声を揚げて、矢庭に砂の上の小供に抱着いた。
鳥影 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)