人間失格にんげんしっかく
私は、その男の写真を三葉、見たことがある。 一葉は、その男の、幼年時代、とでも言うべきであろうか、十歳前後かと推定される頃の写真であって、その子供が大勢の女のひとに取りかこまれ、(それは、その子供の姉たち、妹たち、それから、従姉妹たちかと想 …
作品に特徴的な語句
彷徨うろつき 大洋オーシャン みずから きわみ ポエジイ 脚絆レギンス 訪問ヴィジット 情熱パトス かわ おそろ むな うる すさ がら 喧嘩げんか へり 奴輩やから 仰向あおむけ 馴染なじ 生身いきみ つら すさま 歓楽よろこび わざわ 禿頭とくとう から むち ばか かな かど 喜劇コメディ 嘲笑ちょうしょう ふさ ばなし 悲劇トラジディ 老爺ろうや 対蹠たいせき おのずか まわ 茅屋ぼうおく 狼狽ろうばい 猥画わいが 猥談わいだん 猫撫ねこな 獅子しし 琵琶びわ はなは 生命いのち 用箋ようせん 画題モチイフ 畳鰯たたみいわし 疥癬かいせん 痰壺たんつぼ 痲痺まひ 癈人はいじん しわ 相容あいい 眉間みけん 眷属けんぞく たた とな まれ そら 築地つきじ 糟糠そうこう あか ひも 絢爛けんらん かすり 絨緞じゅうたん 綴糸とじいと 綺麗きれい 羞恥しゅうち あく 翌日あくるひ 聯想れんそう 聯絡れんらく 脊中せなか 脊広せびろ 脊筋せすじ 脊負せお すね 脳裡のうり 腑抜ふぬ 鄭重ていちょう まで 途々みちみち 邪慳じゃけん 銷沈しょうちん かぎ 辟易へきえき