“綴糸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とじいと60.0%
つづりいと30.0%
とぢいと10.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今わが家蔵の古書法帖のたぐひその破れし表紙切れし綴糸大方は見事に取つぐなはれたる、皆その頃八重が心づくしの形見ぞかし。
矢はずぐさ (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
甲田君が自分が結んだ帳面の綴糸や、書斎の電燈を吊ってある太い打紐や其他三つも四つも結び癖の分るものが出て来ました。
何者 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
美迦野さんは、炬燵布団綴糸をまるいではじきながら、離室琴歌をあはせた。
桜さく島:見知らぬ世界 (新字旧仮名) / 竹久夢二(著)