“綴合”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
つづりあわ25.0%
てつごう25.0%
とじあわ25.0%
とぢあは25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夫れから日本にてからソレを台にしてお色々な原書を調べ又記憶する所を綴合せて西洋事情と云うものが出来ました。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
日本の景観の多様性はたとえば本邦地質図の一幅を広げて見ただけでも想像される。それは一片のつづれのをでも見るように多様な地質の小断片の綴合である。
連句雑俎 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
こんなことを言って笑いながら、中でも好さそうなのをって夫に渡した。三吉は無造作に綴合せた糸を切って、縮んだ足袋を無理に自分の足にめた。
家:02 (下) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
の雑誌とふのは、半紙両截廿枚卅枚綴合せて、我楽多文庫け、右の社員中から和歌狂歌発句端唄漢詩狂詩漢文国文俳文戯文新躰詩
硯友社の沿革 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)