“和歌”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うた56.7%
わか43.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
雑司御墓には、和歌友垣が植えた、八重山茶花の珍らしいほど大輪美事な白い花が秋から冬にかけて咲きます。
大塚楠緒子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
「いや、お前は和歌をやりそうじゃ、さいぜん、あの墓の前でふとお前の姿を見た時に、絵に見る卒塔婆小町を思い出したよ」
大菩薩峠:22 白骨の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
和歌がさしてると、遠淺干潟がなくなるために、ずっと海岸くにえてゐるところをめがけて、いてつてる。
歌の話 (旧字旧仮名) / 折口信夫(著)
なるほど評判り、頼政武芸達人であるばかりでなく、和歌にもしている、りっぱな武士だと、天子さまはますます感心あそばしました。
(新字新仮名) / 楠山正雄(著)