“発句”のいろいろな読み方と例文
旧字:發句
読み方割合
ほっく70.5%
ほつく26.2%
ほく1.6%
はっく1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
初雪やこれが塩なら大儲け——という発句を作った奴があるが、あの鯱なんぞは、全部が本物だから大したものじゃないか、がんりき
大菩薩峠:29 年魚市の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
発句は十七音を原則としてゐる。十七音以外のものを発句と呼ぶのは、——或は新傾向の句と呼ぶのは短詩と呼ぶののれるにかない。
発句私見 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
発句案ずる事諸門弟題号の中より案じいだす是なきものなり、余所より尋来ればさてさて沢山成事なりとり、予が云、我『あら野』『猿蓑』にてこの事を見出したり
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)