“俳句”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
はいく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“俳句”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 詩歌(児童)1.2%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
先生せんせいはせて九人くにん一夕いつせき俳句はいくくわいのあつたとききようじようじて
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
少年行せうねんかうまへがきがあつたとおもふ……こゝに拜借はいしやくをしたのは、紅葉先生こうえふせんせい俳句はいくである。
春着 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)