ハガキ運動ハガキうんどう
A大隈侯が前の正月に受取つた年始の葉書は無慮十八萬五千九十九枚で、毎日々々郵便局から大八車で運びこんだと云ふが、隨分君エライもんぢやないか。 B大隈侯のエライのに異存はないが、郵便局から大八車は少しをかしいなア。 Aナニそんな事はどうでもい …
作品に特徴的な語句
ほとこ 連中れんちう へた びやう いう なほ 何人なんにん うへ いは はふ まへ きう おほ ぷん るゐ をつと かは 先方せんぱう 此方こつち いそ くわん つひや あは げつ あるひ をんな くは じつ はう たつ 習慣しふくわん あひだ 母親はゝおや かな こゝろ おこ ぶん にほ しん 南北なんほく 筆法ひつはふ 結局けつきよく まつた そん をし 健康けんかう てき 間堂けんだう かゝ たい くわん 報告はうこく 降伏かうふく なに 始終しじう 日課につくわ じゆつ やさ めう すう だい 今日けふ ゐん ねん 地位ちゐ せい けだ 突然とつぜん 往復わうふく 落城らくじやう まん つよ 大正たいしやう すくな 翌日よくじつ たく のゝし 封書ふうしよ いさゝ うれし 如何いかん 筆跡ひつせき 結婚けつこん