“筆法”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひっぽう50.0%
ひつぱふ37.5%
ひつはふ12.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
とにかく進化論の筆法でもって、これから水棲魚人が進化発達した姿を想像すると、われわれ人間に似た身体にを生やしたようなものになるのではないかと思う
三十年後の世界 (新字新仮名) / 海野十三(著)
日本人歐文飜譯するとき、年紀所在地は、これを日本流よりへの筆法すが、固有名矢張尊重して筆法ふのである。
誤まれる姓名の逆列 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)
筆法日本國内政治改造せよとるものがあつたら、は一どうするりだね。
ハガキ運動 (旧字旧仮名) / 堺利彦(著)