“飜譯”の読み方と例文
新字:翻訳
読み方割合
ほんやく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
餘念もなくれてるので、一人室内閉籠つて、今朝大佐から依頼された、航海學飜譯にかゝつて一日してしまつた。
これを飜譯すると、給金は安いけれど、他へ行つては使ひ手もないので、我慢して此家に居る——といふことになるのでせう。
日本人歐文飜譯するとき、年紀所在地は、これを日本流よりへの筆法すが、固有名矢張尊重して筆法ふのである。
誤まれる姓名の逆列 (旧字旧仮名) / 伊東忠太(著)