“飜斗”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
とんぼ66.7%
もんどり33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
万一女史が二つの眼で一緒に笑つてみせて呉れる事だつたら、男達各自に自分のの臓を掴み出してみせるか、それとものやうに飜斗がへりをしてみせたに相違ない。
その前で藤八猿は独楽を持ったまま、綺麗に飜斗を切って見せた。
仇討姉妹笠 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
飜斗うって古池に飛び込んだりするのは、この無邪気と悪戯っ気とがさせるです。
初蛙 (新字新仮名) / 薄田泣菫(著)