仇討姉妹笠かたきうちきょうだいがさ
袖の中には? 舞台には季節にふさわしい、夜桜の景がかざられてあった。 奥に深々と見えているのは、祇園辺りの社殿であろう、朱の鳥居や春日燈籠などが、書割の花の間に見え隠れしていた。 上から下げられてある桜の釣花の、紙細工の花弁が枝からもげて、 …
作品に特徴的な語句
やら 退 かわ 静寂さびしさ 発見みつけだ 消息ようす 敏捷すばしっこ 尋常ひととおり 可愛いと 仔細こと 蹣跚よろめき かたえ 月光ひかり 往来とおり 婢女げじょ しがい 実父とう あい 芸者はおり ぬきんで 境地とち 威嚇おどかし きぬ 実家いえ 首領おかしら 仔細こまか 隠匿かくし ぼっ とく 生活くら 燈光ひのひかり おのれ 嘲笑あざけり 時代ころ 往来みち わたくし 彼方むこう 実在ほんもの かか つて すがた 誰人どなた 表面おもてむき くちなわ よう 異変かわ 狼狽あわて あや おり 所在ありばしょ 悉皆みんな 微光ひか 姉様あねえさま 彼女あいつ 希望のぞ 三個みっつ 麻痺しびれ 静寂しずけさ 雌雄めお しん きわ ろう 螺貝らがい しげみ 罪業つみ わし 祈願ねがい 社会うきよ 眩惑くら 真実まこと 物象もののかたち 燈光ひかり 焦躁あせ 栄誉ほまれ 望楼ものみ 最初はな うけたま 手蔓つて つもり かたじけ 宿所やど なの しっ 威嚇おどか 使僕めしつかい 大束おおたぶさ 其方そのほう 以前まえ しゃが 可憐いとし 妖怪もののけ 伝説いいつたえ 定席こや 反対あべこべ 裁着たっつけ 社殿やしろ しわが