“社会”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しゃかい50.0%
よのなか28.1%
うきよ9.4%
せけん6.3%
しやくわい3.1%
このよ3.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
文明のこの社会まれながら、のものなぞをありがたがるのは、じつにくだらないことだと、簡単えたのであります。
さかずきの輪廻 (新字新仮名) / 小川未明(著)
そりやあ、もう、新平民か新平民で無いかは容貌で解る。それに君、社会から度外にされて居るもんだから、性質が非常にんで居るサ。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
「いえ」と小枝は微笑しながら、「浮世の外ではございません。立派な浮世でございます。二人以上の人間が集まり住んでおりますからは、やはり社会でございます」
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「それもいい。——それもいいがあのような仏魔を、永くこの世に置くことは、取りも直さず、社会の害毒になるではないか」
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
にも社会大勢力する文学者どのは平気平三行詰りしともはず。
為文学者経 (新字旧仮名) / 内田魯庵三文字屋金平(著)
れし人間の、急に社会へ出でし心地して、足も空に金眸れば。金眸は折しも最愛の、照射といへる侍妾の鹿を、近くまねきて、酒宴に余念なかりけるが。
こがね丸 (新字旧仮名) / 巌谷小波(著)