“よのなか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ヨノナカ
語句割合
世間34.6%
社会30.8%
世中26.9%
宇宙3.8%
江湖3.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
はまだ年が若かで、世間を知ンなさらンがの、よくいうわ、それ、小の虫を殺しても大の虫は助けろじゃ。なあ。浪は小の虫、——川島家は大の虫じゃ、の。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
「源家の残党だ。彼らは、平家の社会に、公然とは歩けなかったから、皆、山や野にかくれて、時節を待っていたものだ」
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
容貌、醜しとあれば疎み遠ざかり、あざみ笑ひ、少しの手柄あれば俄かにしみ、へつらひ寄る、人情紙の如き世中に何の忠義、何の孝行かある。今に見よ。
白くれない (新字新仮名) / 夢野久作(著)
余は常に空気と、物象と、彩色の関係を宇宙でもっとも興味ある研究の一と考えている。色を主にして空気を出すか、物を主にして、空気をかくか。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
この男は天上界における天殺星という魔星であって、かりに人の世に生れ、文明の灯が江湖にかがやくまではと、天帝のおいいつけで
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)