“うちゅう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
宇宙62.5%
雨中18.8%
雨注12.5%
有中6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
陰陽びは宇宙万有ってもれぬ御法則、いかに神々とてもこの約束からはれない。ただその愛情はどこまでもめられてかねばならぬ。
悄然としてれる雨中梨花には、ただ憐れな感じがする。冷やかになる月下海棠には、ただ愛らしい気持ちがする。椿の沈んでいるのは全く違う。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
大風颯々たる、怒濤澎湃たる、飛瀑※々たる、あるいは洪水天にして邑里蕩流し、あるいは両軍相接して弾丸雨注し、艨艟相交りて水雷海をかすが如き、皆雄渾ならざるはなし。
俳諧大要 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
また吉原に往った時に呼ばれたものは都有中権平、同米八、清元千蔵、同仲助、桜川寿六、花柳鳴助等である。中にも有中は香以がその頓才を称して、常にに侍せしめた。
細木香以 (新字新仮名) / 森鴎外(著)