“うちう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
宇宙81.8%
雨中18.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つて、案内れた。前途一條も、宇宙ふ、それさへまたりしきるに、る/\、一歩もれく。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
永遠けない宇宙でもあるかのやう。友と私とはれて工場の前を通過ぎた。
虚弱 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
麹町三丁目庄兵衞地借瀬戸物渡世忠兵衞同人妻とみ 其方共八ヶ年以前平川天神裏門前にて町醫師村井長庵こと雨中立戻り候を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
それから調子附いて、雪中雨中しにつて、三十五の十二三十棹尾成功としては望蜀生が、第貳圖ロの口唇具した。朱塗である。