虚弱きょじゃく
友と二人でブラリと家を出た。固より何處へ行かうといふ、的もないのだが、話にも厭きが來たので、所在なさに散歩と出掛けたのであツた。 入梅になッてからは毎日の雨降、其が辛と昨日霽ツて、庭柘榴の花に今朝は珍らしく旭が紅々と映したと思ツたも束の間、 …
作品に特徴的な語句
ちよ ゐつ どツ はづ とう 事情じゞやう たゞち たたみ をはり そし 意志ゐし このみ 形容けいやう ひやう だつ うち いう 返答へんたう 光明くわうめう 永久えいきゆう きしめ 蝙蝠かほもり たい 女性ぢよせい 將來せうらい 日光ひざし ぢつ あゆみ すべ 病床びやうしよう をは 終日しうじつ 落魄らくばく やつ 少女せうぢよ 生涯しようがい 調革てうかく まへ 其方そつち 聴取きゝと あは いへ あひだ 幸福かうふく こた おもひ きふ 意味ゐみ 丁度てうど 憂患わづらひ わが あるひ 戸外こぐわい 午後ごゝ 手錠てじやう 助長ぢよてう はう とほ とどろき 臨終りんじゆう なまめ 矢張やつぱり はた わづか 街路がいろ たづ 特長とくてう あたたか 一世いつせい 天井てんじよう うしな もく 陰欝ゐんうつ めう けん とお これ はゞ ひと たち いたづ 所爲せい 戯曲ぎきよく 通過とほりす みと いやし おが