“女性”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
にょしょう53.1%
によしやう9.7%
おんな7.6%
ひと4.8%
ニヨシヤウ4.1%
ぢよせい3.4%
をんな3.4%
じょせい2.1%
によせう1.4%
おなご1.4%
じよせい1.4%
によしよう1.4%
によせい1.4%
じょしょう0.7%
たおやめ0.7%
にょせい0.7%
ニシヨウ0.7%
ニヨシヨウ0.7%
ミス0.7%
レデイ0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
優雅、温柔でおいでなさる、心弱い女性は、さような狼藉にも、人中の身を恥じて、なく声をお立てにならないのだと存じました。
革鞄の怪 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
旅の若い女性は、型摺りの美しい模様をおいた麻衣を著て居る。笠は浅いに、深い色の布が、うなじを隠すほどにさがつてゐる。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
御覧のとおりなどはにこれとしてすぐれた器量女性でもなく、修行ったところで、多寡れてるのでございます。
何しろあの人たちは本当の女性なんだからね……ただ整形外科の医学の方は人の顔の美醜を自由に造りかえる位にはいっている。
地図にない島 (新字新仮名) / 蘭郁二郎(著)
歴史に伝へる行跡を近代の感情で理解して行くと、女みこは極めてやさしく、心は其かんばせに匂ふが如く、美しい女性であつた。
日本文学の発生 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
余は前回に述べし如く乳房の突起は實際の形に非ずして女性の印しなりとずる者なるが、此事にしてり無くば
コロボックル風俗考 (旧字旧仮名) / 坪井正五郎(著)
露ほどの愛情をたぬ女性の生涯、その女性を中心とした一家の運命、見る聞くに如何ばかり吾等若い者の胸を凍らしめて居るであらう。
一家 (旧字旧仮名) / 若山牧水(著)
んな手続きでれたのでございますから、天狗というものは全部中性……つまり男性でも、女性でもないのでございます。
さうして、其をよく見ると、真裸女性巨人が、し、身をらして、一団となつて、れ狂つてゐるに、く輪廓をらした。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
「そうして、あの人の手は、女性の血に染んでいるのでございますね。あの人は、足でおなごのに踏みつけて、立っていらっしゃるのでございます」
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)
女性無邪氣なる輕薄ひ、一旦へたる財貨少娘筐中よりひて酒亭一塲醉夢するのかしめ免職になりし
罪と罰(内田不知庵訳) (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
伏し目に半ば閉ぢられた目は、此時姫を認めたやうにしく見ひらいた。軽くつぐんだ唇は、この女性に向うて物を告げてゞも居るやうに、ほぐれて見えた。
死者の書:――初稿版―― (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
名誉とは何事です、誰の名誉に関はるのです、殺人と掠奪稼業にする汝等に、何で人間の名誉がありませうか、——女性全体の権利と安寧との為めに、必ず之を公にして、社会の制裁力を
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
六波羅とかまた平家の門葉第宅には、夜となれば月、昼となれば花や紅葉、催馬楽の管絃のに、美酒と、恋歌女性が、平安の夢をって、戦いと戦いとの、一瞬の間を、あわただしく
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
今度って、事情めに自殺げた一人女性との会見のおしましょう。
尊い女性は、下賤な人と、口をきかぬのが當時の世の掟である。何よりも、其語は、下ざまには通じぬもの、と考へられてゐた。それでも、此古物語りをする姥には、貴族の語もわかるであらう。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
今ふつと明るくなつた御燈の色で、その姥の姿から、顏まで一目で見た。どこやら、覺えのある人の氣がする。さすがに、姫にも人懷しかつた。ようべ家を出てから、女性には、一人も逢つて居ない。
死者の書 (旧字旧仮名) / 折口信夫釈迢空(著)
一番大がかりの実験は、コロラド大学で、三年にわたり、若い心理学者と数学者、ともに女性の人であるが、その二人によって行われた。
……「女性に出会ふと徹底的に狼狽するといふ病ひ——変態心理の一種——ガール・シヤイ。」
女に臆病な男 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)