“おなご”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オナゴ
語句割合
女子88.3%
4.8%
婦人2.7%
女児1.1%
女性1.1%
0.5%
0.5%
婦女0.5%
情婦0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
男も勿論そうですが、女子というものは、心中の一つもしてみようという女子は、その何をさし置いても帯を大切にすることですね。
「……ア……アノ蔵元屋どんの墓所の中で……シ……島田に結うた、赤い振袖のが……胴中から……離れ離れに…ナ……なって……」
「イヤ、柳生殿、護摩堂の人柱は、婦人と子供——それも、母子づれがもっともよいということで」
丹下左膳:03 日光の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
神、この不思議を見ていたく驚き、アダムをれて自らが子となし給いしも、エヴは常の人と異ならざればとなし、さてエヴといとなみしに、エヴりて女児を生みて死せり。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
「いえ、なあに、こっちのことで……ただね、ただ殿様にゃア女性のにおいがするから、それでその、あんまり女の子が寄りつかねえんじゃねえかと——はははは、これああっしの勘ですがね」
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
おん者らわしの兄弟のこと悪う抜かす権利がないわい。千恵造がいかん言うようなとこイ何もをやらんでもえゝ。厚子を
俗臭 (新字新仮名) / 織田作之助(著)
「ふん、で、そのおのれがは、蜘蛛の巣をって草原に寝ておるじゃな。」
茸の舞姫 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
訊くようだが、お藤さんは月のさわりじゃなかったかな。よくあることよ。月の物のさいちゅうにゃあ婦女はふっと魔が差すもんだ。ま、気が咎めて自滅したんだろ。えが肝腎だ。
横筋違往来ば突抜けて行きます。号外と同じ事で、この触声の調子一つで売れ工合が違いますし、情婦の出来工合が違いますケニ一生懸命の死物狂いで青天井を向いてびます。
近世快人伝 (新字新仮名) / 夢野久作(著)