“むすめ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ムスメ
語句割合
41.8%
35.7%
処女5.3%
息女3.0%
少女2.6%
處女2.0%
養女1.2%
1.2%
女郎1.2%
女子1.2%
土蔵0.6%
女児0.4%
令嬢0.4%
娘子0.4%
嬢子0.4%
女兒0.2%
愛女0.2%
0.2%
二女0.2%
姉妹0.2%
姐姐0.2%
小娘0.2%
少娘0.2%
童女0.2%
0.2%
處女子0.2%
養娘0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あるのこと、は、へいつものごとくってゆきました。すると一のかわいらしい小鳥が、いいいていました。
ふるさとの林の歌 (新字新仮名) / 小川未明(著)
開きれば一少艾衣類凋損たれど妍姿傷ねず問うてこれ商人の母に随い塚に上り寒食をすところを虎に搏たれ逃げ来た者と知り
どうぞ、あの処女を罰しないで下さい。そうして、いつまでもいつまでも清浄にお守り下さいませ。そうして私も…………。
瓶詰地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
私はほかの金持の息子、息女のようにたくさんの金をもらって長い間学校に行くことはできない。それではどうすればいいのであるか。
耳が動くといふと猫のやうだと、若い少女は笑つてしまふかもしれなが、鬢でかくして來たくせがついて、とかく女の耳は愚圖つたらしい。
夏の女 (旧字旧仮名) / 長谷川時雨(著)
たゞパッチリして眼だけは、處女の時其のまゝの濕みを有ツて、活々として奈何にも人を引付ける力があツた。
昔の女 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
十六七の頃から、彼女は下女達と交つて、客の前へ出るやうになつたが、家の養女だといふのと、小作りの可愛気のある姿態とで、大変客に可愛がられた。
世の中へ (新字旧仮名) / 加能作次郎(著)
「ぢや、吾妻、彼奴が山木のを誘惑して、其の特別財産を引き出す工夫してると云ふのは、ありや真実だ」
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
元豊は馬でそのの外を通っていたが、中から笑い声が聞えるので、馬をめ、従者にをしっかり捉えさしてその上にあがって見た。そこには二人の女郎が戯れていた。
小翠 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
アダモの女子のうちにて汝は福なる者なり、ねがはくは汝の美にとこしへの福あれ。 八五—八七
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
「あれはお前、ああ見えたって、押しこみ、り、土蔵破りのたいした仕事師なんだとよ」
丹下左膳:02 こけ猿の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
何と挨拶もし兼ねて手持ちぶさたにを上げ下げして居しが、そのおのが細君にくれぐれも女児どもには書物を読み過ごさせな、高等小学卒業で沢山と言い含められしとか。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
説をすものあり、曰く、桐楊のは男児に較べ、令嬢たちにえたのであろう。漢皇重色思傾国……楊家女有、と同一字だ。道理こそ皆美人であると、それあるいはらむ。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
して娘子の手を引かんとすれど子供はスネてか又は脊に負はれしを羨みてや兩手を
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
... 調うる者を欲しいだろ、因ってこの若い嬢子を汝の婢なり妾なりにして取って置け」と聞いて豹殺し腰抜かすばかりびながら「父様見やんせ、余りに衣類がれているので、とてもこんな結構な品を ...
女兒しき介抱にみし武左衞門てすや/\と眠りし容子にお光は長息夜具打掛て退に在し硯箱を出して墨を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
何日とて云うて來ぬかモウ今日あたりは來然な物と親父女兒もまた戀しい人と二世のぶに附てしさの一日
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
カピ長 やゝ、これは! おゝ、我妻よ、あれ、さしませ、愛女體内からるゝ! えゝ、住家をば間違へをったわ。
カピ長 おゝ、モンタギューどの、御手をばへさせられい。これをこそ愛女への御結納ともひまする、とてはござらぬわい。
わけても玉日は、いちばんの末娘ではあり、他の姉はみなぐべき所を得ているのに、このだけが、とかく幾ら縁談があっても
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
(あの一族のでは)とか、容易に嫁ぐといわないでもう世間なみからいえば、遅い婚期になっているのでもあるが、せめてこの一人だけは、いの身の側から離したくない気もするしで
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
言わなくても母たちは、勝川へ藤木の二女がずっといっているという事はしっていたのだった。
玉帳をつけていた庄次郎が、何気なく顔を上げてみると、それは、お蔦と寝る夜も、に消えたことのない——板新道の三人姉妹の末娘、あの、お喜代だった。
松のや露八 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「相公の頼みたいというのは、どこの姐姐さんですか」
断橋奇聞 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
之を聞きたる小娘は左までに怪しみもせざりし。その容貌にも殊更に思はるゝところはあらざりしとなむ。
鬼心非鬼心:(実聞) (新字旧仮名) / 北村透谷(著)
に、婬賣女に資本りながら、香水料慈惠せしや、少娘困厄せしめし惡漢をうちひしぐなどの正義ありて、してすほどの惡事せしや
「罪と罰」の殺人罪 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
何が、あいつ等金持のを狙うか? 奴等は荒れ屋敷、荒れ寺を目あてにして、今夜の陣を張っているのだ。もうこの橋を渡ったと、見当がつけばこっちのもの——
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
人知らぬ思ひに心をりて、あはれ一山風に跡もなき東岱前後の烟と立ち昇るうら眉目好處女子は、年毎に幾何ありとするや。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
廿九歳で後家になってから猶更パリパリしていた養母の亀吉は、よき芸妓としての守らねばならぬしきたりを可愛い養娘であるゆえに、小奴に服膺させねばならないと思っていた
マダム貞奴 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)