世の中へよのなかへ
私が伯父を頼つて、能登の片田舎から独り瓢然と京都へ行つたのは、今から二十年前、私の十三の時であつた。 私の父は京都生れの者で、京都には二人の兄と一人の姉とが居た。長兄は本家の後を嗣いで万年寺通に仏壇屋をやつて居たし、次兄は四条橋畔に宿屋と薬 …
作品に特徴的な語句
あて 飾窓シヨウウインド くゞ しあはせ わて 交際づきあひ にた しは すく 打擲どや うらゝか をのゝ 掏摸ちぼ うづく がへん 端然ぢつ とつ おごそ うらゝ づつ かゝ 打伏うつむ よそ かゝ やはら かは わづら 相見あひまみ 伯父をつ 歔欷すゝりな 泥土ごろた ぢつ ねん 継母はゝ そつ ふう 干魚ひうを いたづら 微酔ほろよひ 情夫をとこ 姿態ようす 清水きよみづ はな たこ かた 充満いつぱい ぎは にぎは しま まば 上京かみぎやう 出来でけ あれ 伯父おつ そつ 容姿ようす つひや ふくろふ 奇体けつたい 迷児まよひご あが 年老としより よはひ いたづ 首肯うなづ 微笑ほゝゑ 必然きつと 怨言うらみ 悪戯いたづら ざま 態度ものごし しづ 漁舟れふぶね 着物おべべ 禁厭まじなひ 私語さゝや きた 男女なんによ わづら 縁喜げん 自烈じれつ 莞爾につこり うるほ しな びつこ