昔の女むかしのおんな
埃深い北向の家である。低い木ッ葉屋根の二軒長屋で、子供の多い老巡査が住み荒して行ッた後だ。四畳半と三畳と並んで、其に椽が付いて南に向ッてゐる。で日は家中に射込むて都て露出し……薄暗い臺所には、皿やら椀やら俎板やらしちりんやらがしだらなく取ツ …
作品に特徴的な語句
がよひ じツ 彼方あツち いツそ 始終しよつちゆ ほふ やを ひツさ かれ 出會でツくわ かさ じよ しきり 日光にツくわう ちよつ ぎよ たる よし 此方こツち 貧乏びんぼん 追付おつ とこ うち まとまり 慄然ぞツ 引越ひツこ あぢはひ べる いづ とほり づくえ なり 素見ひや うつゝ とこ たち うは いつも 加之それに むやみ はづ どて つかま あれ ことば あかる やたら うえ とこ たば ばい 此方こつち とも 低聲こごえ がく ほほ こまやか つま 老爺おやぢ くい やつれ あが 話合はなしあひ 微暗ほのぐら ひと なり ひゞ ひど なに おん わき 容貌きりやう わし きたな せい 隱匿かく へだて 日光ひかげ 翌日あす 到底とても くわん かく 晩景ばんがた 澤山たんと 處女むすめ つくゑ 此家こゝ そよ 擧止とりなし あを なか