“減”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
69.4%
へら9.4%
げん8.8%
3.5%
2.9%
へり1.8%
へつ1.2%
すい0.6%
0.6%
0.6%
へっ0.6%
0.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
料理はうまかった。そうだ、まったくすばらしかった。らないし、くたびれもしないし、暑すぎもせず、寒すぎもしなかった。
吾は猶五形を殖やすべし、五形の枕は最も柔軟に頭ざはり善しと君ののたまひしかば。汝も金仙花をして蒲公英を増しては如何に。
花枕 (旧字旧仮名) / 正岡子規(著)
えずすやうな隱蔽した心裏られまいといふやうな、不見目容貌村落必要じてた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
兒童出席簿と睨み合をし乍ら算盤の珠をさしたりいたり、過去一ヶ月間に於ける兒童各自の出缺席から、其總數、其歩合を計算して
雲は天才である (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
筋の多いふかし、麦飯の結塊、腹のいた時には、富家の子をして、銭を盗み出させて、二十銭の銅貨に駄菓子を山ほど買って食った。
ネギ一束 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
で見る事なし。又地にあればもする也。かれをもつて是をおもへば、我国の深山幽谷雪の事はかりしるべからず。
何程節約してもにじり/\とくのみである財布つて、いたぢたでもしてるのだといふ容子をして々々とんでした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
だから馬鈴薯には懲々しましたというんです。何でも今は実際主義で、金が取れて美味いものが喰えて、こうやって諸君と煖炉にあたって酒を飲んで、勝手な熱を吹き合う、腹がたら牛肉を
牛肉と馬鈴薯 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
お島は力ない手を、浴槽につかまったまま、っていく湯を、うっとり眺めていた。ごぼごぼと云う音を立てて、湯は流れおちていった。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
僕は是れで三年配達をつてるが、肩は曲がる、血色はくなる、記憶力は衰へる、僕はツクヅク夜業の不衛生——と云ふよりもろ一個の罪悪であることを思ふよ
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
云わないでも宜しい、質朴で宜しいなア、どうだ腹がたろう、なに昨日から食わない、これ小僧台所へ連れて往ってお
塩原多助一代記 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
究竟君の方に損の掛らん限はけてもらひたいのだ。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)