“物”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もの86.4%
ぶつ4.3%
もん3.3%
もつ2.4%
モノ1.9%
1.0%
ぴつ0.2%
ぶっ0.2%
ように漆0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ならではとゆるまでに結做したる圓髷きに、珊瑚六分玉後插じたれば、白襟冷豔ふべきく——
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
行の時にはもう人のやうな伴侶で、撮影現像技量自然と巧くなつて、學校での展覽會では得意な出であり
兼「フム、おさんの方がなか/\だ、其の先にむずかしい字が沢山書いてあるが、お前さん読んでごらんなせい」
名人長二 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
斯くてお隣りへ入った泥棒は一も得なかったが、浩二に梁上君子概念を与え、家のブル公の声価を四隣に高からしめた。
親鳥子鳥 (新字新仮名) / 佐々木邦(著)
人間の形代なるへのは、少々意味が変つて居る。別の物に代理させると言ふ考へで、道教の影響が這入つて居るのである。
国文学の発生(第二稿) (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
去年にや味噌くつちんでえたつたんだな、れもめねえから味噌なくつちややうねえな
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
『猫は元来一にして、敵味方を争うは迷妄のもと。これさえ切れば光風霽月、手をとってともに山中を行く、これを切るには不動智をもってすべし』
剣侠受難 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
いろいろそうなので、町々では青年団なぞがそれぞれ自警団を作り、うろんくさいものがいりこむのをふせいだり、火の番をしたりして警戒しました。
大震火災記 (新字新仮名) / 鈴木三重吉(著)
余程妙なもので、ヤク三疋の皮を集めて其皮を縫い合せ、その縫い目に水の浸み込まないを塗り付けて水に浮べますので、冬でも沢山に渡人がなければその皮の船で渡るんです。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)