“漆”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うるし97.0%
しっ1.0%
ウルシ1.0%
うるま0.5%
しち0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ならではとゆるまでに結做したる圓髷きに、珊瑚六分玉後插じたれば、白襟冷豔ふべきく——
火の用心の事 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
南谷は今以て人形町に店があるがきんちゃくがくいで入口に出来ていたので俗にきんちゃくの勧工場ともいっていた。
新古細句銀座通 (新字新仮名) / 岸田劉生(著)
盗、畏震シテ、速ヤカニヲ出デ、相顧ミテ、モノヲ云ワントスレバ、ハ皆、ニ閉ジラレテ開カズ、手ノ玉帯ヲ見レバ、各〻、怖ロシゲナル巨蛇ミテアリシト。
三国志:12 篇外余録 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
法然上人は美作の国、久米南条稲岡庄の人である。父は久米の押領使時国、母は秦氏である。子の無いことを歎いて夫婦が心を一つにして仏神に祈りをした。
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)