“美作”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
みまさか92.7%
びさく5.5%
みまさく1.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……されば九州で危いのはまず黒田と細川(熊本)であろう……と備後殿(栗山)も美作殿(黒田)も吾儕に仰せ聞けられたでのう。
名君忠之 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
山蚕織のごつい大口袴胴服といった姿である。美作の短刀一本、帯の前にたばさみ、腰の坐りもシャンとして折目ただしい。
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
利章の姉婿で、當時睡鴎と名告つてゐた黒田美作が邸と、其向側の評定所とへ引き上げさせた。
栗山大膳 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)