“みまさか”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
美作97.9%
美作守2.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だが、より以上、驚いたのは、彼の唐突な来訪をうけた、那古屋城代の林佐渡守はやしさどのかみと、弟の美作みまさかだった。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
播州ばんしゅう但馬たじま美作みまさか因幡いなばなどの占領下の諸将は、入り代り立ち代り姫路を中心に去来した。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
承知致しました、えゝ宜しい、いや実に昔は何か貞女両夫にまみえずの教訓を守って居りましたが、かえってそれでは御先祖へ対しても不孝にも相成ること、拙者主人美作守みまさかは小禄でござるけれども、拙者これから屋敷へ立帰って主人へも話をいたしましょう
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)