“備後”の読み方と例文
読み方割合
びんご100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
……されば九州で危いのはまず黒田と細川(熊本)であろう……と備後殿(栗山)も美作殿(黒田)も吾儕に仰せ聞けられたでのう。
名君忠之 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
ネンギリという名前が備後の府中などにはある。打つという代りに切るともいっていたのか、或いはまた別の言葉だったかも知れぬ。
こども風土記 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
うわさには、花隈から兵庫の浜へ出て、船をひろい、備後尾道へ落ちて行ったとあるが——としてしばらく所在が知れなかった。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)