こども風土記こどもふどき
子どもとそのお母さんたちとに、ともどもに読めるものをという、朝日の企てに動かされたのであったが、私にはもうそういう註文に合うような文章を書くことができなくなっているらしい。「こども風土記」が新聞に連載せられている間、面白く読んでいるよと言っ …
作品に特徴的な語句
くわ いみ しょう 垣内かくち しも さだま 混入まじい とと こころ 折曲おりま ゆる いみ おも 真前ままえ ここ かた わらわ 大分おおいた あが うしろ 温泉おんせん だい 弓弦ゆみづる 海上うなかみ あた 年占としうらな 神事しんじ ぬの 唐櫃からと 碧海へきかい つの 吾妻あがつま 打倒うちたお 見舞みまい 粥杖かゆづえ 打付うちつ かご 築上ちくじょう 八幡やはた 末期まっき しょう たた だれ から はや そと さか 如何いかん あね さぐ かた 足取あしど またが おどり うずくま 把手とって 名残なご すみや 日向ひゅうが 道者どうしゃ 口寄くちよ つか うらな 行宮かりみや 手掛てがか 寝起ねお ほがら 木履ぽっくり 物詣ものまい 煮炊にた くす のち こわ 田人たうど 岩船いわふね 高田たかだ 念打ねんうち まい ふう 馬乗うまの 御山おやま いぶ 犬上いぬかみ 京都みやこ