“美作守政義”の読み方と例文
読み方割合
みまさかのかみまさよし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
当時政治が鎖国開国のに臨んでゐた如くに、医方も亦漢方洋方の岐に臨んでゐた。正弘は彼に於て概ね開国論に左袒し、伊沢美作守政義の洋行の議をさへ容れた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
正弘等の浦賀に派した応接掛の中には、蘭軒等の総本家の当主、此稿のに載せた伊沢美作守政義が加はつてゐた。一行の首席は復斎林韑で、随員には柳浪松崎純倹があつた。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)