“大口袴”の読み方と例文
読み方割合
おおぐち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それにつれて、大床の中ほどへすすみ出た観世清次は白の小袖に白地に銀摺大口袴穿き太刀を横たえ、仮面をつけていた。
私本太平記:13 黒白帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
山蚕織のごつい大口袴胴服といった姿である。美作の短刀一本、帯の前にたばさみ、腰の坐りもシャンとして折目ただしい。
私本太平記:02 婆娑羅帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
走りながら大口袴をくくし上げて、まわりの顔へ。
私本太平記:06 八荒帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)