法然行伝ほうねんぎょうでん
法然上人は美作の国、久米の南条稲岡庄の人である。父は久米の押領使、漆の時国、母は秦氏である。子の無いことを歎いて夫婦が心を一つにして仏神に祈りをした。母の秦氏が夢に剃刀を呑むと見て身ごもりをした。父の …
作品に特徴的な語句
陸奥むつ 一期いちご 御輿みこし 化身けしん 本意ほい たちばな 蓮華れんげ 遙々はるばる 錚々そうそう 外道げどう 稚児ちご 美作みまさか 結縁けちえん 蟄居ちっきょ 解脱げだつ 土器かわらけ 栄耀えいよう あまね 婆羅門バラモン 無間むけん 輪廻りんね 大伽藍だいがらん ひろ 見附みつけ 口籠くちごも 日吉ひえ 柑子こうじ むく 検非違使けびいし 称名しょうみょう 諸々もろもろ 逆鱗げきりん 安房あわ 凡夫ぼんぷ 仁和寺にんなじ 入水じゅすい 嫡男ちゃくなん 轆轤ろくろ 渇仰かつごう 座主ざす 終焉しゅうえん 一心せんしん 宿業しゅくごう 一艘いっそう 名利みょうり 阿闍梨あじゃり 夫々それぞれ 紫宸殿ししんでん 勤行ごんぎょう 三宝さんぽう かみ 勧化かんげ 穢土えど 衆生しゅじょう 讒言ざんげん そし 曼陀羅まんだら うるう 唐衣からぎぬ 灌頂かんちょう 追捕ついぶ 河内かわち へつら さか 遠江とおとうみ こいねがわ 黒谷くろだに 一品いっぽん 三井みい 壬申みずのえさる 御伴おとも 幾許いくばく 朝臣あそん 御厨みくりや 上野国こうずけのくに 下品げぼん 愚癡ぐち 法眼ほうげん 開眼かいげん 稚子ちご 禅定ぜんじょう 大般若だいはんにゃ 結願けちがん 地頭じとう 仮色けしき 所化しょけ 来迎らいごう 相国しょうこく 貞観じょうがん 遊戯ゆうげ 摂政せっしょう 栂尾とがのお 起請文きしょうもん 御室おむろ 陰陽師おんようじ 一切経いっさいきょう