法然行伝ほうねんぎょうでん
法然上人は美作の国、久米の南条稲岡庄の人である。父は久米の押領使、漆の時国、母は秦氏である。子の無いことを歎いて夫婦が心を一つにして仏神に祈りをした。母の秦氏が夢に剃刀を呑むと見て身ごもりをした。父の時国が云うのに、 お前が孕める処定めてこ …
作品に特徴的な語句
きぬがさ しょ あか すがた ぎょう せん ことわ 遊戯ゆうげ かい きょう 三種さんじゅ 上品じょうぼん うるま むろ まこと 静心じょうしん めぐ ごう つらな つて こいねがわ たと うる いにし あなが えん そう 血脉けちみゃく おもんぱ 如何いかが こし いわ かがや しゅ いく 瘧病ぎゃくびょう さる およそ 生死しょうじ あわ 水漿のみもの 一心せんしん とまり びと じん たい はかりごと もだ かたよ 老耄ろうもう いやし はた 思召おぼしめし 深心じんしん 三井みい 恭敬くぎょう 下品げぼん かなめ おぼ ねんごろ 頭光ずこう かつ 世親せじん 懺悔さんげ ごと 学生がくしょう いくさ ほま そもそ 穢土えど しょう 一品いっぽん 壬申みずのえさる ましら 摂取しょうじゅ 二旒ふたなが 二肢ふたえだ 名残なご 灌頂かんちょう ことわり 暇乞いとまごい うま さか 陸奥むつ くだ 無間むけん 仮色けしき おそ なま つか とも