“恭敬”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きょうけい42.9%
くぎょう42.9%
くぎやう14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“恭敬”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 芸術・美術 > 芸術史 美術史20.0%
哲学 > 仏教 > 各宗7.7%
哲学 > 東洋思想 > 日本思想0.7%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
心を表わすには、身をかがめて恭敬きょうけい。——利を示すには、物質の実をもって、こうまでされては、信雄は満足を顔に出さずにいられなかった。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
雪之丞は、かぎりない恭敬きょうけいさを以って挨拶するのだった。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
この消息は細々と経説を挙げてかなり長いものになっているが、実秀は法然からこの消息を恭敬くぎょう頂戴して一向に念仏し、寛元四年往生の時矢張り奇瑞があったという。
法然行伝 (新字新仮名) / 中里介山(著)
黒光りに光った壁の上に未に仏を恭敬くぎょうしている唐朝の男女の端麗さ!
雑信一束 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
経を考ふるに云はく、し国土に講宣かうせん読誦どくじゆ恭敬くぎやう供養くやうして此の経を流通るつうせるきみ有らば、我等が四王常に来りて擁護ゆごし、一切の灾障さいさうみな消殄せうでんせしめむ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)