“亦”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
また91.8%
7.3%
マタ0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
観念も実際の生活で食慾色慾物慾、観念なしにそれらのものが野放しにされてゐるやうな生活は、その方が実在するものではない。
観念的その他 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
丑松は敬之進のことを思出して、つく/″\落魄生涯を憐むと同時に、の人を注意して見るといふ気にも成つたのである。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
からだもちり/″\に、山田谷へ、竹内谷へ、大阪越えへ、又当麻路へ、峰にちぎれた白い雲のやうに、消えてしまつた。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)