“また”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:マタ
語句割合
29.2%
22.2%
21.0%
10.5%
7.8%
1.7%
1.3%
1.2%
1.0%
0.6%
0.6%
0.5%
0.5%
0.3%
0.2%
0.1%
0.1%
0.1%
亦復0.1%
0.1%
再度0.1%
0.1%
0.1%
小股0.1%
0.1%
復次0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
0.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
りと、本校の恩人大隈公は余を許してその末に加わらしめ、校長・議員・幹事・講師諸君もだ余を擯斥せざるものの如し。
祝東京専門学校之開校 (新字新仮名) / 小野梓(著)
小者の事なので、頼朝は、そうかと、気にもかけない容子で、いつもの朝の如く、りんどうの鞍へがって、野へ駒を調らしに出た。
源頼朝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
女房は、つちやつた。可恐しくいんです。が、たれないといふのはしいてんで、それにされるやうにして、ひよろ/\。
廓そだち (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
カムサツカの夜明けは二時頃なので、漁夫達はすっかり身支度をし、までのゴム靴をはいたまま、折箱の中に入って、ゴロ寝をした。
蟹工船 (新字新仮名) / 小林多喜二(著)
に於て守る者便を得、連夜水をみて城壁にげば、天寒くしてち氷結し、明日に至れば登ることを得ざるが如きことありき。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
彼女と弟とは固くなってを見張った。兄は俯伏せに横わったまま片方の眼を押えてしくしく泣いていた。その指のから濃い血がみでてくる。
青草 (新字新仮名) / 十一谷義三郎(著)
而して彼を見る者は聖父を見るのであれば、心の清き者(彼に心を清められし者)は天に挙げられしが如くに地にり給う聖子を見て聖父を拝し奉るのであろう(行伝一章十一節)。
きて地に臥せる民あり、く身を縮めて坐せるあり、またたえず歩めるありき 二二—二四
神曲:01 地獄 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
この同じ見せものにその後米国へ渡って、また偶然出くわした。これだけの特技があれば世界をにかけて食って行けるのだと感心した。
映画時代 (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
韓舎人子蒼、取りて一聯として云ふ、推愁不相覓、与老無期稍と。古句に比して蓋し益〻なり。(老学庵筆記、巻八)
其日は三ツといふに宿り、次日暁をして此山の神職にいたり、おの/\をなし案内者をふ。
「むずかしい病気なのかね。もうおっさんが帰っておになるだろうから、せて置けばいじゃないか」
カズイスチカ (新字新仮名) / 森鴎外(著)
けれど十六露里の里程標もたく間にとおり過ぎてしまったのに、村らしいものはいっこう眼につかなかった。
此書全部六巻、牧之老人漫筆ざるの稿本なり。走墨乱写し、艸画なり。老人して校訂ふ。
巨人に根を肩にさせ自分は枝のに坐っているのを巨人一向気付かず一人して大木を担げいたのでれてしまった、それから巨人の家に往って宿ると縫工夜間寝床に臥せず室隅に臥す
湖山はこの行を送って、「莫道羊腸行路険。也勝百折世途難。」〔フ莫カレ羊腸ノ行路険シク/ル百折ノ世途ノキニト〕と言った。
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
されば我が姫を訪ひて、汝もに見つる如き紹介なき客に劣らぬ、善き待遇を得しこと、復た怪むに足らざるべし。戀はいつも我交際の技倆を進む。
ひるは、日なんじをうたず、夜は、月なんじをうたじ、エホバは汝を守りてもろもろの禍害をまぬかれしめ、なんじの霊魂を護り給はん。
併し是を是とし非を非とすることを不當だとすべき理由は、亦復更に之無かるべきところのことに屬する。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
豈に国憲を定め、国会を起す時に至り、始めて君主たる事を認めらるるをんや。
さりとて人間を二つにする事も出来ず、お辰様が再度花漬売にならるゝ瀬もるべければ、詰りあなたの無理な御望云者、あなたもなのは岩沼令嬢と仰せられて見ると
風流仏 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
ここにその矢雉子の胸より通りてに射上げて、天の安の河の河原にまします天照らす大御神高木の神一五御所りき。この高木の神は、高御産巣日の神のなり。
文渓堂貸本屋などいふ者さへ聞知りて皆うれはしく思はぬはなく、ために代写すべき人をるに意にふさる者のあるべくもあらず云々
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
「何しろ、色は少し浅黒いが、眼が涼しくて、口元に可愛らしいところがあって、小股が切れ上がって、物言いがハキハキして——」
、其外に、俯向になって居る上面、即ち背中や腰の部分に、火傷でけた所がありますネ、其地肌に暗褐色の網目形が見えます。
越後獅子 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
復次、阿難のいう。譬うれば長者、財産多饒にして、諸子息なく、ただ一女あるのみ。この時、長者百歳を過ぎ、みずから朽邁して死なんとすること久しからざるを知る。
子曰く、我に数年を加え五十にして学ぶも、大過なかるべし。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
から生れた無籍女さ
泥沼呪文 (新字新仮名) / 細井和喜蔵(著)
歳 軋り 現実に入り
独楽 (新字旧仮名) / 高祖保(著)
に言伝える。天狗狗賓む、巨樹、大木は、その幹の、枝の交叉一所を伸べ、床を磨いたごとく、清く滑かである。
辛未、皇太子、使をして飢者を視しむ。使者り来て曰く、飢者既にりぬ。に皇太子を悲しみ、則ちりて以て当処めしむ。む。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
白人は全部馬に乗り土人軍でも酋長だけはボルネオ馬にがった。暁を待って軍を進め陽のあるうちに野営した。斥候を放し不眠番を設けて不意の襲撃に備えるのであった。
沙漠の古都 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)