雨の玉川心中あめのたまがわしんじゅう01 太宰治との愛と死のノート01 だざいおさむとのあいとしののーと
三月二十七日〜十月十七日 今野さんの御紹介で御目にかかる。場所は何と露店のうどんやさん。特殊な、まあ、私達からみれは、やっぱり特殊階級にある人である——作家という。流説にアブノーマルな作家だとおききしていたけれど、“知らざるを知らずとせよ” …
作品に特徴的な語句
また 一寸ちっと まし 抵抗さから とどま わた 収穫かりいれ ゆる とも おり わづら いや 矜持きんじ つかわ ゆる すべ いたわ かな 白眼はくがん 丁度ちょうど 三月みつき なが また 仰言おっしゃ 何日いつ わび 傲然ごうぜん 八卦はっけ そな およ 勿体もったい 卑猥ひわい いや 喀血かっけつ 嗚咽おえつ 嚥下えんか 嚮導きょうどう 奇蹟きせき はら 容貌ようぼう むか ねが 師走しわす とし 御暇おいとま 微睡まどろ 悪感おかん さと 憔悴しょうすい 我儘わがまま 扶助たすけ 抱擁ほうよう おお 放埓ほうらつ 林檎りんご 模倣もほう 治子はるこ 流石さすが 温和おとな 渾沌こんとん みなぎ ようや 焦燥しょうそう たぬき 相貌そうぼう 眼窩がんか まぶた いわ 科白せりふ 空捺からお 素面しらふ ののし いちご 草臥くたび 葡萄ぶどう つぼみ すべ えり いつわ 誰方どなた 諷爽さっそう まも
題名が同じ作品
雨の玉川心中:02 遺書 (新字新仮名)山崎富栄 太宰治 (著)