“佳”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
58.1%
35.5%
4.3%
いい0.9%
よし0.9%
0.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
令はそこでそれをまた里正に催促して献上さした。市中の游侠児い促織を獲るとに入れて飼い、値をせりあげて金をもうけた。
促織 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
など話しながら、足は疲労れても、四方の風景のいのに気も代って、漸々発光路に着いたのがその日の午後三時過ぎでありました。
山中にて晝食古代そつくりの建場ながら、なるくばかり、斑鯛?の煮肴をたゝいてふにへたり。
熱海の春 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
そこで何処かの坊さんに頼んだそうだが、坊さんはがなければ書けぬと云うたそうで、字を書かぬなら墨を貸してくれと村の人達が墨を借りに来た。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
とする。もし蠅の形に似せた新兵器があったとしたら……。そしてあの弁当屋の小僧が実は白軍のスパイだったとしたら……
(新字新仮名) / 海野十三(著)
『そら分りまんがな、きに。……カザがしますよつて、えカザや。……んぼ隱れなはつても、あきまへんで。』
東光院 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)