“佳否”の読み方と例文
読み方割合
かひ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
詩の佳否は暫く云はず、明治二十六年の昔、既に文壇ドストエフスキイを云々するものありしを思へば、この数首の詩に対して破顔一番するを禁じ難きもの、何ぞ独り寿陵余子のみならん。
句の佳否らず、これらの句が与へる感じは、蕪村にもなければ召波にもない。元禄でも言水一人である。自分は言水の作品中、しもかう云ふ鬼趣を得た句が、最も神妙なものだとは云はぬ。
点心 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
勿論文体作品と云ふ理窟なければ、文体さへ然らばその作品が常になりとは云ふべからず。されど文体が作品の佳否に影響する限り、絢爛目を奪ふ如き文体が存外古くなる事は、疑なきが如し。
雑筆 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)